< 2017年06月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年08月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 【転載&協力のお願い】環境省 動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について > ★動物と人と社会と > 【転載&協力のお願い】環境省 動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について

スポンサーサイト

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

【転載&協力のお願い】環境省 動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について

 
 
随分とご無沙汰しております。
前回の投稿にコメントを下さった方、本当にありがとうございます。
そして、お返事も訪問も出来ておらずスミマセン(泣

当家は相変わらずドタバタもふもふの日々ですが、色々ありすぎて何から書いてよいやら^^;
とはいっても、皆元気に過ごしています☆

※むーちゃんは、当家の5にゃん目として迎えることになりました^^
 名前は「六花(りっか)」ちゃんです。ムツノハナとも読むので、愛称はそのままムーちゃんです。

20110803-10.JPG



今日は、すでに知っている方も多いと思いますが、環境省にて行われている意見の募集(パブリックコメント)についてです。
可能な限り沢山、たーっくさんっ!!!!の方の力が必要です。

どんな意見の募集かというと、

YAHOO!ニュース → 「動物取扱業の適正化について(案)」に対する意見募集 環境省
環境省ホームページ → 動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)


すっごく噛み砕いて解釈すると「生体販売を行うにあたって規則を設けようと思うが、国民の皆さんはどう思う?」と聞かれてます。
内容は「深夜の生体販売について」「動物のセリ市について」「インターネット販売について」等々、動物販売にかかわる様々なものです。


20110803-09.JPG



この意見の公募について、なぜ沢山の人の力が必要か?



同様の案件について、5年前にも意見公募されました。
このころの私は、こんな事まったく知りませんでしたが、この際のことを語っている方がいます。



以下、★こちらからの一部転載です。

----------------------ここから

じつは前回の改正でも8週齢規制は、ほぼ間違いなく実施されると期待されていたのです。ところが、改正前のパブリックコメントに寄せられた意見は愕然とする結果でした。
「科学的根拠がない」「45日以上でよい」という反対意見が約9,500通、賛成意見はたったの200通
業界の組織票じゃないか!」と憤っても空しいだけです。「パブリックコメントで意見を募集していたなんて知らなかった」は言い訳にもなりません。わたし達は、せっかく意見を聞かれたのに、たったの200人しか賛成しなかったのです。
これでは環境省や動物愛護部会の委員がどんなにがんばっても、法規制はつくれません。

----------------------ここまで

ご存知の方も多いかもしれませんが、「ジュルのしっぽ」のhana*さんです。

規制を行うにあたっての賛成意見が200…たったの200通。
動物のために日々尽力を尽くしたところで、根底が変わらなければ現実も変わりません。

9500通は、昨今の原発問題でも話が出てくる「組織票」。
心ある対応を!といくら叫んでも、民主主義の日本では通じません。
たとえそれが業者の組織票であっても、わからなければそれが民衆の意見となってしまうのです。


20110803-07.JPG


でも、犬でも猫でもウサギでもインコでも、動物が好きな人が、沢山の人が声を上げたらどうでしょうか?
同じ失敗はしてはいけないとおもいます。



大変な時期ではあります。
考えなくてはいけない事、山ほどあります。
自分自身の考えを少しずつでも具現化していく必要がある、日本は今変われなければ今後変わることは出来ないと思います。


ブログ、Twitter、ホームページ、facebook、回覧板、なんでもいいです。
ツールをお持ちの方はお知らせをして欲しい。
このブログを直リンクして下さってもかまいません。

そして、目にとまった方、日ごろ何か出来ないか…とお考えの方、ぜひ意見をして欲しいと思います。


20110803-06.JPG



環境省への意見は、郵送・メール・FAXのいずれかで送ることができます。

■郵送先:〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 「環境省自然環境局総務課動物愛護管理室」
■メール:shizen-some@env.go.jp
■FAX:03-3508-9278



5年前の失敗の事にも触れ、パブコメの雛形を作っている方もおります。
以下、Blue Bird's Nest さんより転載をさせて頂いております。

(※私もこれを元に、自分の言葉、考えをメールにしました。)

----------------------ここから

1.意見提出者名:(法人・団体の場合は法人・団体名及び代表者名並びに本件
担当者氏名及び所属部署名)
2.住所:〒
3.連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:
4.御意見:(案文の該当箇所を引用する場合はページも明記してください)

(1)深夜の生体展示規制

昼夜を問わぬ、または長時間の展示において、とりわけ長い睡眠時間の必要な幼い犬猫は成長時に支障をきたします。夜8時以降の販売は禁止にしてください。
また、昼の展示も、3時間ごとに休憩を挟むなど、連続展示をひかえることを要望します。また、この件において、現状の動物取扱業の対象である哺乳類、鳥類、爬虫類までを対象とすることを要望します。

(2)移動販売

移動のストレスや騒音、また、病気の動物に対し適切な治療がなされていなかったりする例があります。仮に基準を決めたところで監視は難しいと思います。禁止を要望します。

(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化

対象は物ではなく、命です。簡単にパソコンのボタンを押して、宅配便で届くなどの安易な扱いは異常なことだと思います。インターネットなどの対面をしない販売は全面禁止を要望します。

(4)犬猫オークション市場(せり市)

本来、禁止すべきことだと思います。「動物の愛護及び管理に関する法律の関係法令等」の2ページめ、基本原則 第二条に 「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのな

いようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。」とありますが、オークションにかけることは、命あるものにかんがみという条文に著しく反した違法行為で

す。

しかし、現在において、「販売されている犬猫は、一定の割合でオークション市場での取引を経由している」ということが、案の3ページ目74行に書かれていましたから、どうしても急には廃止できないというのであれば、同ページ

77行からの提案のように、最低でも「ペット関連業者が動物取扱業の登録業者であるかどうかの確認ができる仕組みや、市場の情報公開を義務付け、必ず、行政等に司法警察権を持たせて、監視し取り締まる仕組みを確立しなければ

ならないと思います。

(5) 犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢

とりわけ犬では、早期に引き離した場合、成長後に、咬み癖や吠え癖等の問題行動を引き起こす可能性が高まるとされていますが、このことにより、保健所につれていかれ、殺処分される現状をつくっていると言えます。確かに、犬

にも猫にも個体差はありますが、全ての幼い犬猫が社会化される日数を基準として頂きたい。7週程度ではまだ、社会化の不十分な個体もおります。最低でも8週未満を親から引き離さないようにすべきです。

(6) 犬猫の繁殖制限措置

繁殖は母体に多大な負担をかけます。無理な繁殖により、歯や顎の溶けてしまった母犬も見られます。自主規制にまかせるという意見もあるようですが、自主規制程度では現状は変わらないと思います。最初の繁殖年齢の設定や、生

涯における繁殖回数の制限は必須です。

(7) 飼養施設の適正化

これも必ず数値化して頂きたい。数値規制がないことにより、立ち上がることも困難なケージに動物が押し込められているところもあります。法規制をつくって頂きたいです。犬猫だけでなく、うさぎなど、動物取扱業に入っている

ものについて皆、検討すべきと思います。

(8) 動物取扱業の業種追加の検討

①動物の死体火葬・埋葬業者
2010年4月に、ペット葬儀屋の男が山に動物の死体を捨てる事件が起こりました。とりわけ、ペットが家族化している現状がある中で、古来から、家族とした死者の魂がかえってくるという思想である盆や49日などの死生観と風習を

持つ日本人にとって、著しく心情を害する事件であったと思います。動物愛護先進諸国にはまだ葬儀屋の規定はありませんが、このような事件が起こったことと、日本人独特の死生観から見ると、業種に含め、法にて管理するのがよ

いと思います。案の5ページ目160行の「法第1条で生命尊重等の情操の涵養に資することが目的とされていることから、動物の葬送についても業種に含むべき」という意見をおします。

②両生類・魚類販売業者
案の5ページ目170行にありますように、「魚類等の遺棄により生態系への影響が見られる事例があり、生物多様性保全の観点からも問題の温床となっている」ということから規制の対象とすべきと考えます。

③老犬・老猫ホーム
④動物の愛護を目的とする団体

③においては、業種登録等の規制は必要だと思います。
④にも、悪徳団体もあるといううわさから、なんらかの規制は必要だと思いますが、どちらも一般的な動物取扱業者とは異なる対応がふさわしいと思います。

(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)
(10)登録取消の運用の強化
法令を違反した場合、登録されているものの取り消しと、再度の動物取扱業の登録拒否を行える条項は追加すべきであると思います。現在のように、違反しても上手く取り締まれず、多くが野放しで、また違法とされて裁かれても罪

が軽く、再登録すればまた商売を始められるというのでは法の意味がありません。


(11)業種の適用除外(動物園・水族館)
(12)動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討)
業種緩和の検討(動物園・水族館の緩和検討」
(13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和の検討)

現在において、動物愛護法の「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うよ

うにしなければならない。」というところがまもられていないところが多く見られるなか、法規定から除外したり業種や説明義務を緩和したりはすべきではないと思います。
(12)は、案の7ページ目246行にある、「動物園・水族館の職員や動物病院の獣医師であっても動物愛護に関する知識を有しているとは限らない場合があることから、一律に責任者設置義務規定を外す必要性はない。」という意見

に賛成です。
(13)で、ハムスターを不適切な飼い方により死なせてしまった件は多々ある。動物愛護法にあるように、「いのちあるものとしてかんがみ」であるのならば、そのような件を減らすよう努力すべきであると思います。

(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)

現在の登録制では規制が不十分であり、法令を違反して登録を抹消されても再登録すれば業務再開できるのはおかしい。許可制にする強化が必要だと思います。

----------------------ここまで

※改正(案)をご覧になる場合は、環境省HPより直接ご確認ください。

インターネットを利用できないけど、動物が好き。そんな方がお近くにおりましたら、プリントアウトして渡してあげてください。
私もそうします。1人でも多くの人に声をあげて欲しいから。
コンビニからFAXで送信する場合は、お住まいの地域で異なりますが、1枚50~100円くらいです。

震災、動物の殺処分、放射性物質、原発、各地域の動物問題…どこを向いても問題だらけですが、1つ1つのチャンスを潰していたら、いつまで経っても何も変わりません。
今出来ることを。

期限は 2011年8月27(土)までです。


20110803-11.JPG



ちなみに、環境省のHPで「動物愛護管理のあり方検討小委員会」や「中央環境審議会動物愛護部会」の議事録を見ることができます。
リンクは★こちらです。

それから、私事ではありますが、里親さん募集の猫さんがあと1匹になりました。
預かり宅ももはや限界で…。
お目にとまった方はご連絡ください^^

最後に、原発は…好きくないです。
プルトニウムの半減期は20000年以上。ゴミばかりを残す文明を、遺恨ばかり残す文化をいつになったら人間は改めることができるのでしょう。
失敗から学んでここまできたのだから、今度は失敗しないように進む勉強をしなくてはいけないと思う今日この頃。
地球という大きな自然なくして、衣食住は成り立たない。バランスの壊れかけた世界を悲しむだけの日々は嫌だな~。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

テーマ:動物愛護 ジャンル:ペット

2011/08/04(Thu)09:41

もっふるままお久しぶり
むーたんも家族になったのね
よかったね!むーたん!

恥ずかしながら私もパブリックコメントのことは知りませんでした
転記させていただきます

みんニャ元気そうで良かった♪
たまには…じゃなくてもっと頻繁にイルメちゃんに会いたいな~(笑)

名前:アビmama (URL編集

2011/08/09(Tue)19:25

こんにちは、はじめまして^-^
風と幻灯というブログをやっているmomeと申します。
アビmamaさんのブログ経由で、記事をリンクさせていただきました。事後報告になってしまい申し訳ありません。
一匹でも多くの、猫たちや犬たち、命が、幸せに暮らしていけることを願っています。

名前:mome (URL編集

2011/08/10(Wed)07:23

こんにちは

パブリックコメントの件、
今更ながら知りました。
勉強不足で恥ずかしいです。

遅いかもしれませんが、
もっふるままさんのブログを、
記事の中にリンクしました。

事後報告ですが、
何か問題ありましたら教えて頂ければ幸いです。

名前:はにゃち (URL編集

管理人のみ閲覧できます

2011/08/17(Wed)21:51

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

2011/08/21(Sun)14:49

はじめまして、みやのじさんののところから来ました。パブリックコメント、別のブログから飛んでってアンケートに答えました。これで不幸な動物達が少しでも減ると言いなって願いながら。

名前:くぽ (URL編集

コメントをありがとうございます☆

2011/08/24(Wed)07:59

パブコメの件について、ご紹介や意見提出、本当にありがとうございます(泣
「悪徳」と言われる業者、無責任な飼い主をこれ以上増やさない為にも、法改正に至ることを願います(>人<)
 
そして、環境省ももっと大々的にやってくれればいいのに。。。普通の生活の中で、環境省のHPをさすがに毎日見ませんもん(泣
 
意見書は私も少しご近所さんへ紙でお渡ししました^^
 

>アビmama さま
 
本っ当に、いつもありがとうございます☆
ムーちゃんはグングン我が家にも馴染んできて、情に負けました^^
 
パブコメの事はずっと気になっていたんです。
転記とリンク、ありがとうございます(>_<)
 
イルメは6Kgもあるのに足にしがみついてくるので、生傷がたえません(笑
そのくせ抱っこが嫌いなツンデレくんです♪
 

>mome さま
 
記事のリンクやご紹介、ありがとうございます♪
動物との接し方や環境の事は、自分も重ねて考えると悶々とする時も多々ありますが、1つずつでも変えていかなくてはいけない事、沢山ありますもんね。
法改正、実現しますように(〃人〃)
 

>はにゃち さま
 
ご無沙汰しております。
 
あの、お礼に伺った際、わたしHNを「もふまま」と記載していましたよね(>_<)
登録は「もっふるまま」であっていますので、ご心配なさらないで下さい^^
 
久しぶりだったので、間違ったまま書き込んでしまいました(泣
混乱させてしまってすみません…orz
でも、どちらでも構いません♪
 
法改正、思いが届きますように!
 

>鍵こめ Mさま
 
お返事が遅くなり申し訳ありません。。。
リンクやご紹介ありがとうございます(;∀;)
 
>少しでも動物達にとって良い方向へ法律が厳しく変わることを願っています。
 
私も同じ思いです。
これ以上命を粗末にする事が無いよう変わって欲しいです。

名前:もっふるまま (URL編集

>くぽ さま

2011/08/24(Wed)12:40

ごめんなさい、お返事がおそくなりました(>_<、)
みやのじさんのところからいらしてくださったんですね♪
アンケート、ありがとうございます!(嬉

本当、人間の都合だけで命を作って消して…
どんなことをしているかって、子供に聞いたらきっと素直に「残酷。かわいそう。」と言うのに。
大人ってなぜ分からなくなってしまうんでしょうね。悲しいです。

一人でも多くの方の声が届きますように(〃人〃)

後ほどお邪魔させて頂きます^^

名前:もっふるまま (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。